40・50代の充実した楽しいライフスタイルを求めて、役立つお得情報をお届けしています。

50代で一人カラオケデビュー。千鳥の鬼レンチャンファンが初挑戦

 
一人カラオケデビュー
この記事を書いている人 - WRITER -

一人カラオケデビュー

 

いやぁ~~、もう一年も記事書いていませんでしたね~(;^_^A

月日の経つのは早いものですぅ。

 

50代も後半になってくると、まだまだって思っていても体がついてこなくて・・。

書きたいことはいろいろあったのですが、少々ズボラになってました。

 

で、久しぶりになりましたが、ちょっとずつ又書いていこうと思います。

気晴らしのときもありますが(^^;) 何か参考にでもなれば・・。

 

今日は・・、勇気を出して初めて一人カラオケに行ったことを、体験談として残しておきます。

 

50代にして人生初の一人カラオケです。

 

スポンサーリンク


 

 

50代で一人カラオケは恥ずかしい?

 

カラオケは嫌い・苦手、下手だからという人もおられますよね。

 

私もねー、声は低い方だし音域も狭いし、決して上手ではありません。

まぁ、声量はあるんですけど・・。

 

いつも標準のキーでは歌えませんから(^▽^;)

けど、音楽は好きなんです。

 

今ですら、若い子達の曲は全くと言っていいほど知らないのですが・・。

ジャンルを問わず、音楽を聴くのは好きです。

 

本当は、もっとコンサートとか行きたいのですが、金銭的にね~。

貧乏ですから。

 

過去の記事でも、ドリカムコンサートのことやエレクトーンに関することなど書いています。

 

 

幼い頃は人前に出るのが苦手

 

けど、カラオケってみんなでワイワイ、大勢で盛り上がって歌を歌うっていうイメージじゃありませんか。

 

いくら、音楽が好きでも人前では勇気がいる~って場合は、カラオケへはなかなか行きませんよね。

 

私もね~~、これおぼろげな記憶でもあるのですが。

小学生の低学年ぐらいの頃だったと思います。

 

近所のおじさんが、みんなの前で「ほら、歌うたい~」って言ってきたのですよ。

もう40年も50年も前の話しです。

 

アルコールでも入っていたのか、その頃にカラオケがあったのかなかったのかも

知りませんが(笑)

 

けど、私は小さい頃、恥ずかしがりで人前に出るのが得意ではありませんでした。

 

授業中に「ハイ、ハイ!」って手を挙げることもなくて・・。

先生から、分かっているのに手を挙げて発言することが少ないと指摘されました。

 

そんな性格なのに、急に「歌を歌えー」なんてね。

そりゃ無理です。

 

「なんでやねん!」って感じ。

 

それが・・、大きくなっていくうちに人って変わっていくんですね~。

 

何がきっかけだったのか覚えてないのですが、クラスの代表になってみんなをまとめていたり、大勢の集まりの中でも自ら手を挙げて発言したり・・。

 

人前で歌うことも苦じゃないし、カラオケも好きです。

 

まぁ、いろいろ人生経験してきて、50代・・いやいやもうすぐ還暦も近くなってきている~~。

好きなことしなくちゃもったいないです~。

 

カラオケへも若い頃はよく行ってたけど、結婚して子育てして仕事もしてとなると、なかなか歌を歌うってことはできませんでした。

 

同窓会とかで行くぐらい・・ね。

 

って、私の昔のことはどうでも良いですね(笑)

 

スポンサーリンク


 

一人カラオケへ行くきっかけ

 

でも50代になると、この先私の趣味って何なんだろう?とか考えたり・・。

 

そこで、やっぱり音楽好きだしカラオケもその一つにしようかな~なんて思い始めたわけ。

エレクトーンや、もっと言えばドラムもやってみたいわぁ~って感じなのです。

 

 

テレビで「千鳥の鬼レンチャン」とかみて、カラオケ行きたいな~って思ったのですよ。

 

バラエティー番組としてみるのも面白いのですが、歌の上手い人達がサビだけカラオケで10曲連続クリアに挑戦しているのをさすがだな~って感心したりして。

 

1音も外さずに歌うのって、ほんと凄いですよね~。

 

私「千鳥の鬼レンチャン」ファンです。

必ずみてます(笑)

 

あの音程のバーが出るカラオケしてみたい~っと思ってました。

 

そんなとき、先月久しぶりに・・いやーもう何十年ぶりかでカラオケへ行ったのです。

姪っ子たちと一緒に。

 

そこで、初めてあの音程バーが出るカラオケを・・。

 

自分が本当に音程を外さず歌えているのかなんてわからないし、一度試してみたかったのですよね~。

自己満足で歌ってるってこともあるし・・(笑)

 

いやぁ~~、ほんと難しいです。

 

というか、あまりに久しぶり過ぎて何を歌ったら良いのか、どの曲が歌えるのか、そこから・・。

 

声も全然出ないし、途中忘れていたりで完璧に歌える曲がなくて、音程バーやら採点やらそんなレベルでは
なかったわけです(-_-;)

 

 

姪っ子いわく、一人カラオケ行ったら良いやん!って。

なんと姪っ子も時々、ヒトカラしてるというではありませんか。

 

これは興味津々。

 

どこのカラオケなのか、どうやって行ってるのか、いつ行ってるのか、料金は?などいろいろ聞くことができたのです。

 

職場の人達に「カラオケ行こうよ~」と言っても、誰も乗り気ではなかったので(笑)

一人で行けるのなら、気を使わずに好きなように歌えるしね。

 

昔から、一度一人で歌いに行きたいなぁ~と思っていたこともあり、挑戦してみようかと思っちゃったわけです。

 

ヒトカラ

 

 

人生初のヒトカラ

 

今までは、一人でカラオケへ行くなんて、恥ずかしいやら不安やらで勇気などありませんでした。

 

実は、私、幼いころの性格がまだ少し残っているのか・・。

一人で喫茶店へ入ったり食事したりできないんです。

今まで一度もなくて・・。

 

気が楽なので一人で行動するのは好きなのですが、なぜか飲食店へは入れないのです。

その待ってる時間を持て余すようで・・。

 

「スマホでもいじってたら良いねん!」なんて、友人からは言われるのですが、あの空間がどうも苦手で。

 

一人旅したいと思っても、一人でご飯食べに店へ入れない(笑)

 

けど、一人カラオケなら何とかなりそうって、勇気を出して行ってみました。

部屋(空間)に一人で、周りが知らない人だらけってわけではないですから。

 

趣味の一つに、歌うこと・カラオケっていうことにしようと思うので・・。

 

 

50代にして一人カラオケデビューです。

 

まずは、噂で55歳以上はシニア割りがあると聞いていた「ジャンボカラオケ広場」へ会員登録。

ジャンカラは飲み放題付きです。

 

スマホにアプリを入れました。

結局、会員の料金とシニア割りの料金は同じだったのですが・・。

 

予約や決済も全てスマホでできるらしいのですが、ちょっとその点は初めてなので今回はスルー。

スマホ操作も、いまいち苦手だし(;^_^A

 

まぁ、平日の昼間だし直接行っても大丈夫でしょうという感じで。

 

持ち込みOKということだったので、コンビニで昼食のおにぎりとパンを買って、いざ出陣。

 

スポンサーリンク


 

ジャンカラへ入店

 

内心はちょっと緊張してドキドキだったのですが、思い切って入口へ。

でも、受付へ行っても店員さんはだれもいない!

 

いくつか機械があって、何やら一人で画面タッチで操作するような感じ。

 

こりゃぁー分からん。どうしたら良いんやぁ~(>_<)

 

タッチパネルを操作してみても良かったのですが、間違えたらどうしようという不安もあり、大騒ぎしたら余計に恥ずかくなるし・・。

 

仕方がないので、ベルを鳴らして店員さんをお呼びだし。

若い女の子が出てきて「一人でも良いですか?」と聞き、アプリをダウンロードしていることを伝えました。

 

まずは「アプリを見せてください」というところから。

タッチパネルで、そばで一緒にやってくれました。

 

受付会員証のQRコードを認証させて、画面タッチしながら人数・時間などを入力してくれたのです。

 

対応してもらってる中で分かったのですが、カラオケの機種や部屋があまり選べなかったこと。

・・ということは、実は混んでいたのですよ~。

 

平日の真っ昼間だし、まさか部屋がなくて断られるってことはないだろうとは思っていました。

 

イメージではガラガラなんじゃないかなって。

だから、人も少ないだろうし恥ずかしさもそこもまで感じないだろう・・なんて。

 

それなのに「あとに予約が入っているので2時間だけです」と言われました。

フリータイムはダメ。

 

一人なのに、部屋もめちゃくちゃ広いところしか空いてなくて・・。

ちょっと恐縮してしまいましたが、その部屋しかなかったので。

申し訳ない・・(-_-;)

 

 

ということで、無事にカラオケスタート。

一人で思い存分、気楽に歌いまくれる~と。

 

けど、初めての一人カラオケで、これ見よがしに次々と曲を入れて歌いまくったのです。

せっかくだし、お金も時間ももったいない気がして・・。

 

ほんま、関西のおばちゃん。

フリードリンクも1杯しか飲んでいません(笑)

 

とにかく、少しでも音程を外さず歌えるようになりたくて・・。

けど、歌える曲もそんなになくて、思ったほど上手く歌えないし・・。

 

さすがに2時間もノンストップで歌っていると、声も出なくなるしガラガラ。

楽しむどころか疲れてきちゃって・・。

欲張り過ぎ(^▽^;)

 

ちなみに、点数の良い曲だけ記録に残しておこうっと( ̄▽ ̄;)

・タッチ    岩崎良美    82.089
・恋におちて  小林明子    81.536
・つくない   テレサテン   86.020
・魅せられて  ジュディオング 86.303
・駅      竹内まりや   82.945
(LIVE DAMでした)

 

選曲がまさにおばさんって? まぁまぁまぁ・・。

50代のおばちゃんソングですね。

 

とりあえず、2時間が過ぎて無地終了。

 

帰りも呼び出しボタンで店員さんに来てもらって、タッチパネルでの精算。

2時間で600円でした。

 

ジャンカラ料金

 

初めてのヒトカラ。

 

一人でカラオケ行くのって、受付の店員さんに一人だと知られるのが恥ずかしくて・・なんて思うけど、きっちりこちらからわざわざ呼び出してます(笑)

 

ほんと、何が恥ずかしくて勇気がいったのだろう・・。

 

 

まとめ

 

人生初の一人カラオケ。

ヒトカラデビューして、月に1回通ってみようと思ったのでした。

 

実際は、もっと頻回に行ってるかもしれませんが。

ボイストレーニングも兼ねて、まず声を出す練習から。

 

ジャンボカラオケ広場は、受付も簡単で店員もいなくて恥ずかしくない、安いと評判。

 

タッチパネルの使い方も、自分で操作できるようになったら記事にしてみようと思います。

 

コロナのせいで・・いやいやおかげで、感染防止のために一人でカラオケする人も多くなったとのこと。

 

スマホで簡単に受付予約しておいて、そのまま部屋まで直行。

精算もアプリでスピード決済なんて、ほんと店員さんがいなくても大丈夫というシステムもあるとか。

 

これから順番にいろんなことができるように、おばさんもチャレンジしていこうと思います。

 

次回は、店員さんを呼び出さずに利用できるか挑戦してみます(笑)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© うれしたのし人生後半 , 2022 All Rights Reserved.