40・50代の充実した楽しいライフスタイルを求めて、役立つお得情報をお届けしています。

塩麹の鶏肉はサイコー。料理苦手な50代でも簡単に夕食作り

 
塩麴料理
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほんと暑いですね~。

晴れマークがオレンジから赤色になっているのを見るだけで疲れてしまいます。

 

毎日の食事作るのさえも億劫になる始末。

なにしろ私は料理が大の苦手(^▽^;)

 

いつも書くのですが、あまり食に欲がなくて・・。

お腹すいた~っと思って食べ始めても、途中ですぐにいっぱいになっちゃって量が少ない。

 

まぁ、料理が苦手の私が作ったものが美味しくないのが理由かもしれませんが・・(笑)

 

なので、できるだけ簡単ですぐにできるメニューばっかりになってます。

 

その中で、最近ハマってる塩麹を使う料理。

 

どんな塩麹を使っているか紹介したいと思います。

 

 

 

鶏肉の塩麹焼きは、料理が苦手でもおいしい~

 

塩麹を使うレシピって、料理しました~とか偉そうに言えるものでもないのですが簡単なのです。

 

漬けて焼くだけとか、和える混ぜるだけでもOK。

超簡単でしょ(*^^)v

 

そりゃ、料理が下手な私でもそれなりにできた感あります。

 

どこのメーカーの塩麹でもおいしいとは思いますが、私のオススメはこれ。

 

 

 

五島灘の塩を使用

 

今までも、いろんな塩麹を購入しましたが、まぁどれもハズレはありません。

けど、この五島灘の塩を使っているという塩麹が私の中で一番。

 

最初は母がたまたま長崎の五島出身ということもあり、目に入っただけだったのですが・・。

 

パッケージがスパウトパウチで、この大きな塩麹という文字が存在感をアピールしていたのです。

 

塩麹にもプラのボトルであったり瓶に入っていたり袋入りだったり、さまざまあります。

粉末のものもあったりしますよ。

 

けど、私はスーパーで安かったのもあり、このスパウトパウチが気に入ったのですよね。

旨味たっぷりって感じ。

 

 

 

定番は鶏肉の塩麹焼き

 

で、簡単ですぐに出来上がる鶏肉に塩麹をつけて焼くだけレシピで夕飯作りです。

 

 

塩麴と鶏肉

 

 

鶏肉に切り目を入れて、焼きながら適当に塩麹を入れて焼きました。

 

もう、ほんと適当な量です(笑)

もし、味が薄かったら食べるときにかけたら良いや~的な・・。

 

料理が苦手だとこんなふうになるのですね~(;^_^A

 

本来なら、鶏肉を塩麹に漬けて少し寝かせた方が味も染み込んで美味しいはず。

 

けど、これも面倒だったり時間がなかったりするときは、焼きながら塩麹を投入ですよ。

 

今日は、ピーマンとしめじも一緒に焼いてみました。

先にフライパンで鶏肉を軽く両面焼いてから、ピーマンとしめじを入れて塩麹をふりかけて焼いただけ。

 

 

鶏肉の塩麴焼き

 

 

先日は、きゅうり1本を浅漬けのようにしてみました。

 

スライスしたきゅうりと適当に(笑)塩麹を入れ、少し揉んでから数時間ほど冷蔵庫へ。

ぬか漬けより簡単ですよ~。

 

 

*ぬか漬けの記事はこちらです。

ぬか漬けが簡単にできた~。料理苦手な50代の初めての挑戦

 

 

きゅうりの塩麹漬け、こちらも美味でした。

 

パッケージの裏には豚肉の塩麹漬け焼きのレシピが載っていますよ。

3時間ほど冷蔵庫で保管しておくと良いみたい。

 

料理が苦手な50代が短時間でちゃっちゃと作れちゃう塩麹です。

 

 

 

まとめ

 

五島灘の塩を使った塩麹。

メインのおかずからお漬け物のようなサブメニューまで作れるツールですね。

 

炒め物や煮物まで塩の代わりに使うこともできます。

 

アレンジはいろいろできそうですよね。

 

塩の代わりなら何でも使えそう・・。

私にとっては万能な調味料です。

 

けど、塩分の取り過ぎは高血圧に・・という先生の言葉もあります。

医療事務の私・・先生が言っておられたことも覚えておかなくては・・ね。

 

料理が得意ではない50代の私のような人には、オススメの塩麹でした。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© うれしたのし人生後半 , 2022 All Rights Reserved.