美肌を求めて美容ドリンクを飲んでみた、アルマードのⅢ型ビューティードリンク

      2016/11/06

美肌を目指して保湿に力を入れ出したのは、50歳になった頃です。年をとるにつれて、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸などという文字にも敏感になったり(笑)

私といえば、ここ3ヶ月ほど、肌荒れのせいか大人ニキビがよくならないので、化粧品を中止して保湿薬で治療中。

吹き出物って、よくなってきたなぁ~と思ったら、またひどくなったりで、なかなか元通りのニキビなしの肌には戻らないのです(T_T)

閉経を迎えたりして、ホルモンのバランスなどとも関係があるのかもしれません。それとも、ターンオーバーが乱れているのでしょうか。

 

それなら、肌表面の保湿だけではなく、体の中からキレイになる方法、インナービューティーに力を入れなあかんやん!!と思い始めたのです。

そこで、飲み始めたのが、アルマードのⅢ型ビューティードリンク

%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%ef%bc%94

 

本日は、この美容ドリンクについて書いてみようと思います。

 

 

おすすめ美容ドリンクなら、
飲むだけで簡単な全身美容と健康ケア!!TVや雑誌でも話題の【III型ビューティードリンク】

 

 

プルプル美肌はベビーコラーゲンが関係していた

 

美肌について書かれている情報をいろいろ見ても、必ず「コラーゲン」という文字がでてきますよね~。

買い物に行っても、コラーゲンと書かれている食品があれば、気になって手に取って見てしまったり(笑)

冬にはコラーゲン鍋やぁ~~!っと、肌がプルプルになった気がしていたりと、ちょっと単純(^▽^;)

コラーゲンゼリーなどというのも食べたことがあります。

 

赤ちゃんの柔らかいツヤツヤお肌を見るたびに触りたくなるのは、可愛いだけじゃなく羨ましいのですよね~~。

そんな赤ちゃんのお肌がプルプルなのは、ベビーコラーゲンといわれるⅢ型コラーゲンが、たっぷり含まれているからなのでした。

年齢を重ねれば重ねるほど、このベビーコラーゲンは減少していきます。

ましてや、Ⅲ型コラーゲンは食事やサプリメントでも摂ることができません。

 

 

Ⅲ型コラーゲン?コラーゲンの種類って?

 

Ⅲ型コラーゲンが、赤ちゃんのプルプルお肌の源ということはわかりましたが、コラーゲンって他にもいろいろ種類があるのでしょうか。

コラーゲンの種類は、約20種類あるといわれていて、私たちが関心のある美肌に関しては、皮膚に関係するⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲン。

 

・Ⅰ型コラーゲン

太くて硬い。骨や皮膚などに含まれる線維質コラーゲン。

 

・Ⅱ型コラーゲン

眼球の硝子体や軟骨に含まれる潤骨性コラーゲン。

 

Ⅲ型コラーゲン

細くて柔らかい。皮膚や血管、肺などに含まれる柔軟性コラーゲン。

 

体の中の柔らかくて弾力性のある部位に存在するⅢ型コラーゲンは、肌やたんぱく質のターンオーバーを促すのです。

 

若々しい肌と健康を保つⅢ型コラーゲンが、加齢や紫外線の影響でどんどん減っていくのに、食事で補えないなんて、いったいどうしたら良いのでしょうね。

 

それには、このアルマードのⅢ型ビューテーィドリンクがカギとなるのです(*^^*)

 

%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%ef%bc%92

 

 

卵殻膜が弾力のあるツヤ肌に欠かせないコラーゲンを作り出す

 

年齢を重ねた私たちのような人こそ、このベビーコラーゲンを、よりキープできるようにしなくはいけません。

そのベビーコラーゲンを増やす方法として、卵殻膜に辿り着いてできたのが、アルマードのⅢ型ビューティードリンク。

 

卵殻膜のパワーってすごいんですね~。

昔々、卵の殻の裏側にくっついている薄い膜を、傷口に貼って治療していたという話しもあるぐらい。

鶏のヒナが守られているのも、卵殻膜のおかげなんですよ。産み落とされた卵から親鳥が離れても、栄養を与え、細菌やウィルスから守っているのですから。

 

そんな卵殻膜が、私達にとって、どんな恵みがあるのでしょうか。

卵の内側の薄い膜は、なんと、コラーゲンやヒアルロン酸、グルコサミン、プロテオグリカンで構成されているのです。

50代の私には必要な美肌成分ばかり。

それなら、ゆで卵をした時にも捨てずに食べてみることにします。

いやいや、あかん!!あかん!(>_<)

今までも「食べる」なんてこと聞いたことがないし、卵殻膜は、そもそもそのまま食べると消化不良を起こすのです。

ほんと、捨てなくてはいけないなんて、もったいないですよね~。

そんな卵殻膜を体に取り入れて、消化不良にならないような技術を開発されたアルマードさん。

 

卵殻膜は、細胞が生きて働く環境を整える「線維芽細胞」を活性化させて、Ⅲ型コラーゲンを増やすように、アプローチしてくれるのです。

線維芽細胞は、Ⅲ型コラーゲンの他にも、ヒアルロン酸・プロテオグリカンなど、保湿効果のある成分を増やす働きがあります。

美肌を保つために必要な線維芽細胞を活性化させるのに、卵殻膜を取り入れた結果、ベビーコラーゲンも増やすことができるわけですね。

 

なるほど、アルマードのⅢ型ビューティードリンクを飲んだ方々が、お肌がモチモチするとか、ツルツルするとか、肌の調子が良いとか口コミするはず。

 

%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%ef%bc%91

 

 

美容ドリンクを初めて飲んでみた感想

 

大人ニキビに悩んでいる私にとっても、美容ドリンクは試す価値があるようにも思え、早速飲んでみることにしました。

ドリンクって、なんだか今までちょっと抵抗があって、あんまり飲んだことないんですよね~。オロナミンCとかアリナミンAとかの栄養補給みたいなのも・・。

 

なので、これ、初体験です(笑)

 

%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%ef%bc%93

 

意外に、美味しい!!しかもフルーティー。マスカット味ということでしたが、香りはそんな感じです。

ほんと飲みやすくて、Ⅲ型コラーゲンを増やして、肌荒れが良くなってきたら嬉しいのですが・・。

 

%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%ef%bc%95

 

ゴクゴク飲める感じで、簡単に美肌成分が補給できますね。

画像のとおり、アルマードのⅢ型ビューティードリンクには、卵殻膜粉末の他に13種類もの美容サポート成分を配合。

卵殻膜には、透明感が期待できる「シスチン」が豊富で、18種類のアミノ酸も含有されています。

50代の悩みにも多い、しみやそばかす用の製品にも配合されているL-シスチンに変わるシスチン。

透明感が出てきたぁ~という感想が寄せられるのも、わかるような気がしますね。

 

私も、まだ飲み始めたばかりですが、初体験の美容ドリンクだったので、記事にしてみました。

ご興味おありの方は、チェックしてみて下さい!!

III型ビューティードリンク

 

 

 

 - 美容