風邪薬で処方されたトラネキサム酸、実はシミや美白にも良い?

   

年末年始の休診へ入る前、なんとなく喉が痛くなってきました。

 

たいしたことはなかったのですが、風邪の初期症状かも?と思い、院長に診てもらうことに。

 

お正月が、病に伏せた寝正月になってしまったら、大変です。

 

このところ、先生がよく処方される薬の一つに「トランサミン」という薬があります。

 

私も、年末の診察時に処方してもらいました。

 

実は、この風邪の引きはじめにもらう薬が、美容でも注目されていたのです。

 

本日は、この「トランサミン」という薬について、書いてみます。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

 喉が痛い時にトランサミン錠剤

 

 

私が医療事務員として働きだして、19年。

(わぉー! 古株・お局と言われないようにしなくっちゃぁ~(^^;)

 

勤め出した頃には、トランサミンという薬の処方もあったのですが、年々、先生は使うことが少なくなっていました。

 

今思えば、駆け出しの頃は、仕事を覚えることに必死で、薬に名前や効き目などはわかっていなかったよなぁ~~。

 

薬剤師じゃないんやから・・(^▽^;)

 

でも、20年近くも同じ医院で働いていると、先生が処方される薬もだんだんわかってきます。

 

最近、先生がよく使う「トランサミン錠250mg」

病名は「咽喉頭炎」となります。

 

私の症状も、まさに風邪の引きはじめ、ちょっとした喉の痛みからでした。

 

bk6

ハイ! こちらが「トランサミン250mg」です。

 

外用薬のトローチやうがい薬とともに、処方してもらいました。

 

トランサミンは、第一三共というメーカーの薬。

風邪の初期症状に、炎症を抑える必要があるような場合、出されるように思います。

 

すみません(^^;

私は、あくまでも医療事務員ですから・・。

 

もともと、昔は、止血剤として処方されていたような記憶もあります。

 

添付文書を見ると、出血傾向にある時に処方することはもちろん、それ以外に

 

・湿疹及びその類症、じんましん、薬疹・中毒疹のにおける紅斑・腫脹・そう痒等の症状

 

・扁桃炎・咽喉頭炎における咽頭痛・発赤・充血・腫脹等の症状

 

・口内炎における口内痛および口内粘膜アフター

 

と、書いてあります。

 

 

のどの痛みがある早い段階に内服すれば、炎症も治まるのでしょうね。

 

実際、私も、年末にはうがいをするとともに、トランサミンを飲んだことで、無事元気に年を越せました(^^)

 

 

シミ・美白に効果ありというトラネキサム酸

 

 

ここまで来て、お気づきの方もおられると思いますが・・。

 

タイトルは「トラネキサム酸」じゃねぇ?( 一一)

間違ってるやん。

 

「トランサミン」と「トラネキサム酸」、どっちがホンマでっかぁ?って!!

 

いったい、どないちゃうねん!!

ややこしいなぁ~~って思いますよね(^^;)

 

 

これ、実は同じものなのです!

 

「トランサミン」というのは商品名で、薬局でもらった薬(上記画像)、先発品。

 

「トラネキサム酸」というのは、一般名といって成分名なのです。

 

今、よくススメられている後発品(ジェネリック)というのは、こちらの成分名(一般名)になっていることが多いですね~~。

 

後発品(ジェネリック)について書いている記事は

ジェネリックは知っているけど、オーソライズドジェネリックとは ← こちらでも読めます。

 

 

なので、「トランサミン」と「トラネキサム酸」の主成分は同じだということ。

 

 

この「トラネキサム酸」

最近、美白やシミという美容方面で注目されていますよね。

 

 

TVでもみかける、顔のシミのひとつである肝斑のコマーシャルも有名。

これって、随分前からあったような気もします。

 

シミは紫外線によってできやすいですが、シミの一つでもある肝斑は、どちらかというとホルモンバランスの影響。

 

 

昔から、トラネキサム酸は、この肝斑の治療に使われていた医薬品です。

 

シミの原因なる物質をおさえる効果があるとして、最近では、美白やシミといったキーワードで一目おかれています。

 

そういえば、去年、うちの皮膚科の先生も、「トランサミン250mg」と「シナール」という薬を出されていました。

 

シミが気になる人へ!

 

トランサミンとビタミンCを併用することで、高い美白効果が期待できるんですって。

 

でも、これは治療薬としては保険が効かないので、全額自費(実費)。

 

美容に関することは、なかなか保険扱いはむずかしいこともありますね~。

 

 

皮膚疾患、肌荒れにも有効?トラネキサム酸配合の化粧品

 

 

これ、見て下さい(*^^*)

bk7

 

私が、3年くらい使っている基礎化粧品。

持田ヘルスケアの「コラージュ・ビーケーエイジ」です。

 

トラネキサム酸が入っているぅ~~~\(^o^)/

しかも、これ、有効成分と書いてあります。

肌荒れ防止用。

 

そうなんです。

ビーケーエイジは、トラネキサム酸が含まれている化粧品。

 

画像は乳液ですが、化粧水にもちゃんと配合されていますよ。

 

ということは、肌荒れ防止以外にも、意外と美白効果もあったりして(笑)

 

持田ヘルスケア側は、決して美白効果は謳っていませんが・・(^^;

 

 

製薬会社が作っているので安心ということもあり、敏感・乾燥肌の私が愛用中。

 

実は、ここ何ヶ月か、大人ニキビ・吹き出物のせいで、化粧品をストップして治療していました。

 

詳しくは

大人ニキビを治す方法は、化粧品をやめて治療薬の保湿剤から始まった に書いています。

 

 

今年に入って、皮膚科の先生より、少しずつ化粧品を使うことにOKサインが出ました。

 

やっぱり、保湿剤だけではなく、エイジングケアもしなくちゃね~。

 

持田ヘルスケアのコラージュ・ビーケーエイジが気になった方は、

超乾燥肌・敏感肌50代にもオススメ、ビーケーエイジのレビュー ←この記事で、詳しく書いています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

風邪の引きはじめの喉の痛みに、トランサミンという薬が処方されること。

 

しみや美白効果もあるといわれている、トラネキサム酸配合の化粧品も紹介してみました。

 

何かのお役に立てたら、幸いです(*^^*)

 

 

 

 - 健康・医療, 美容