40・50代の充実した楽しいライフスタイルを求めて、役立つお得情報をお届けしています。

紫外線対策にUVカットサンバイザーは恥ずかしい?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

美肌の天敵が紫外線だというは、今やだれもがご存知のことだと思います。

私たちの若い頃は、日焼けしちゃダメ!なんて聞いたことがなく、サンオイルで小麦色に焼くなんてことまでしていた時代です。

当時、ビキニで海水浴にでかけていた私の背中は、今じゃシミだらけになっています(>_<)

背中や腕のシミは身に着けるもので隠せても、手の甲や顔のシミが目立つのは気になるもの。

こんな50代のおばさんでも、もうこれ以上シミが多くなっては、この先もっと恥ずかしい思いをするに違いありません。

最近では、紫外線対策にちょっぴり意識を向けるようになりました。って、今さら・・という感じでもないですが(^▽^;)

部屋の中に居ても、カーテン越しから光が入ると気になっちゃったり。

ちょっとおばちゃんっぽいと、今まで抵抗していたサンバイザーを使うようになったことからも進歩です。(まぁ、実際のところおばちゃんなんですけど)

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

紫外線は皮膚には大敵、その影響と種類とは

 

紫外線は、シミやシワ、たるみの原因となって肌の老化を促進するだけではなく、皮膚がんのもとになることもあります。

ビタミンDの生成や殺菌作用があるので、紫外線は適宜浴びた方が良いという考えは、もう過去の話しになってしまいました。

「光老化」といわれるくらい、その影響は肌には最も悪いとされています。草木の日光浴には最適なんでしょうけど(^^)

n695_klumototaiyounohizasi_tp_v

紫外線とは、400ナノメートル以下の波長のものをいいますが、波長の長さによって、A波・B波・C波と呼びます。

この3つのうち、A波とB波だけが地上に届き、C波はオゾン層のおかげで地上にはほとんど届かないといわれているとか。

それでは、このA波(UV-A)とB波(UV-B)の違いはどのようなものなのでしょうか。

・A波(UV-A)

エネルギーは弱いけど、雲を通り抜けるため、くもりの日でも肌への影響は強い。もちろん、室内でも窓ガラスは通っちゃう。じわじわと肌の奥(真皮層)まで到達するので、コラーゲンを変形させる。皮膚を黒くさせる紫外線。

 

・B波(UV-B)

エネルギーはA波より強く、A波よりも日焼けする。オゾン層や雲に遮られやすいので、肌の表面(表皮)までしか到達しないが、シミや皮膚がんの原因になる。皮膚を赤くしたり、ひりひりさせる紫外線。

 

こんなに肌への影響があるのに「どうしてもっと早く言ってくれへんかってんやぁ~」と大阪弁が出てしまいましたが、紫外線は美肌を目指す人にとっては悪者と言わずにはいられません。

日焼け・乾燥・シミ・シワ・たるみ・皮膚がんという体へのダメージは大きいですね。

 

 

紫外線カット対策、日焼けを予防する工夫

 

紫外線対策の一番にあげられるのは、やっぱり日焼け止めクリームやローション、スプレーなどでしょう。

では、日焼け止めに表記されている「PA」や「SPF」は何を表しているかご存知ですか。

実は、これ「PA」がA波をカットする力で、「SPF」はB波をカットする力のことなのです。

さきほど、紫外線A波は皮膚を黒くさせると書きましたが、これを「タンニング」といいます。

B波のように、皮膚を赤くさせたり、ひりひりさせたりすることは「サンバーン」。

 

PAは「+」の数で示され、タンニングを起こすまでの時間をどれくらい引き延ばせるかという効果を表しているのですね~。

「++」が標準なのですが、これは4~8倍引き延ばせるということ。「+」は2~4倍、「+++」なら8~16倍くらい引き延ばせるということになります。

 

「SPF」は、サンバーンが始まるまでの時間を何倍延ばせるかということで、標準はSPF20です。

サンバーンって、だいたい20分くらい紫外線を浴びると起こるといわれて、SPF10の日焼け止めだと、20分×10でサンバーンが起こるまでの時間を200分遅くできるということですね。

 

日焼け止めの他には、麦わら帽子などのかぶるもの、日傘、サングラス、アームカバー、ネックカバー、ストールなんかもありますよね。

今では、UVカットの商品も豊富です。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%ef%bc%91

 

私は、いつも日傘で、アームカバーやストールも使っていました。でも、自転車通勤の際、この日傘の使用は交通違反になるのです。

仕方がなく、ずっと渋っていたサンバイザーを使ってみることにしました。

なんとなく、おばちゃんぽい感じがするのと、視界が暗く危ないかなぁ~なんて思ったりして、手に入れることを避けていたのです。

少しでも若くみられたくて(笑)、サンバイザーもノーマルなものではなく、ちょ~~っとオシャレな感じのするものをゲット。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc%ef%bc%91

 

うちの医院のスタッフが、ブラウンの水玉模様を使っていたので、並べてみました。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc

 

これなら、少しは可愛くみられるかもしれませんよね~~。

紫外線は、夏だけではありません。年中、紫外線は浴びているのです。

知らない間に、私達は紫外線を浴びているのですから、予防できる工夫はいろいろやっておきたいもの。

サンバイザーも恥ずかしがらずに、UVカットで紫外線ケアしたいと思っています。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© うれしたのし人生後半 , 2016 All Rights Reserved.