40・50代の充実した楽しいライフスタイルを求めて、役立つお得情報をお届けしています。

乾燥肌におすすめ保湿成分、まずは化粧水を見てみよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -

肌荒れを経験した40代後半。

 

あれ以来、スキンケア製品は敏感肌用にした方が良い?と思い、悩むことも多いのでした。

 

おまけに、顔のつっぱり感やカサカサした肌に困るほどの乾燥肌。

 

冬の暖房のきいた職場では、すぐにでも化粧水のミストを浴びたいくらいになるのです。

 

そんな私が、皮膚科の先生のアドバイスで、乾燥知らずになりました。

 

保湿の大切さ

スキンケアの基本、美肌を保つためには、保湿が最も重要だといっても過言ではありません。

 

今日は、そんな保湿成分にはどのようなものがあるのかをお伝えしますね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

敏感肌にもオススメ、ヒト型セラミド

 

 

保湿が肝心ということはわかっているから、毎日たっぷり化粧水使っているし~。

 

乳液・クリーム、美容液まで使っているんだから、保湿はこれで充分なんて思っていました。

 

でも、これが加齢とともに、どんどん肌はかさついていくぅ~~(>_<)

 

どんなに念入りにスキンケア商品を使っていても、一日乾燥していないなどということはなかったのです。

 

これって、やっぱり自分の肌に合っていないコスメだったからでしょうか。

 

いえいえ、何年も使っていた化粧品だったので、それはないんじゃない??

 

年をとったせいで、肌がだんだん変わってきたのかも・・。

 

 

そんな時、肌荒れを経験して、刺激の少ない敏感肌用の化粧品を求め、いろいろ調べるようになったのです。

 

↓↓ 肌荒れについては、こちらで少し書いています。

超乾燥肌・敏感肌50代にもオススメ、ビーケーエイジのレビュー

 

 

美肌に関する書籍では、吉木伸子先生、平田雅子先生、川島眞先生(うちの皮膚科の先生からお借りしました(^^♪)、山本未奈子先生、他にもいろいろ読んでいます。

 

人気ブロガーでもある、かずのすけさんのブログにも行きつきました。

 

 

なるほど~~。

ますます、保湿の重要さを確認です。

 

もちろん、一番のアドバイザーは、うちの皮膚科の先生ですが・・(*^^*)

 

 

っで、私が再認識した保湿成分が、セラミド

446293

 

セラミドは、表皮の一番外側にある、角質層にある保湿成分です。

 

 

外部の刺激から皮膚を守ったり、体内の水分蒸発を防いだりするのが角質層。

 

 

肌のバリア機能を受け持つのは、角質層内の細胞間にある「細胞間脂質」という脂質なんですね~。

 

セラミドは、この細胞間脂質の主成分。

 

水分を細胞間脂質が挟み込むように保持します。

 

 

うるおいたっぷりの肌になるには、セラミドは欠かせな保湿成分なのです。

 

特に、化粧品では、ヒト型セラミドといわれる種類の成分がオススメ。

 

もともと、私達の肌や髪などに存在するセラミドと、同じような形をしているからです。

 

 

細胞間脂質の主成分であるセラミド、ヒト型セラミドなら、肌にも優しくなじんでくれ、敏感肌でも安心。

 

 

 

保湿成分セラミドって、どんな成分名なの?

 

 

化粧品の成分表って見たことありますか。

 

私は、よくみます(¬д¬。) ジーーーッ

 

 

セラミドと一言でいっても、たくさんの種類があって、名称もなんとなく、舌を噛みそうなカタカナばっかり。

 

 

私が使っている化粧水の成分を、ちょっくら見てみましょうか。

ビーケー

 

 

セラミド2というのがありますね~~。

 

他にも、セラミドの成分表示名はいろいろあって、さがすのも結構楽しかったりして・・。

 

・セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ

 

ラウロイグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドテシル)・セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド

 

・グルコシルセラミド、コメヌカスフィンゴ糖脂質

 

・ウマスフィンゴ脂質、ミルクセラミド

 

なんか、早口言葉にでも出てきそうな・・(^-^;

 

 

成分表示は、含有量が多い順に表示されることが、法律で決まっています。

 

最初の方に書かれてある成分が、たくさん含まれているというわけ。

 

1%未満は、順番どうでもえぇ~~ということになっているので、最初の4つか5つ目くらいの成分をしっかり見ましょう。

 

 

あっ!!

 

忘れてました。

 

私愛用のこのビーケーエイジは、医薬部外品でした。

 

 

医薬品や医薬部外品は、成分表示含有量の多い順には書かれていないのでした(^▽^;)

 

まぁ、含有量は置いといて、保湿成分がいっぱい入っているということはわかりますよね~。

 

 

化粧品には、セラミド以外の保湿成分も多く含まれています。

 

ヒアルロン酸Naグリセリン・BG(1.3ブチレングルコール)・プラセンタエキス・コメヌカ油・オリーブ油・マカデミアンナッツ油・アルガンオイルなどなど。

 

これらも、よく見かける保湿成分ですね。

 

 

セラミドは加齢とともに減っていくというから、困ったものf(´-`;)ポリポリ

 

 

角質層のバリア機能を正常に保つためにも、50代は、ぜひとも保湿成分を補っていきましょう。

スキンケアの基本は、保湿。

 

 

さっそく、ご自身の化粧水、全成分表示を見て下さいね。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© うれしたのし人生後半 , 2017 All Rights Reserved.