40・50代の充実した楽しいライフスタイルを求めて、役立つお得情報をお届けしています。

腸活にチョコレート、乳酸菌とビフィズス菌の違いとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

腸活・腸内細菌・腸内フローラ、こんな言葉聞いたことありませんか。

 

腸内環境が悪いと、健康だけではなく、肌の状態にも影響がでてきます。

 

腸活は、便秘症の人達だけが考えることではなく、肥満予防や免疫力アップ、メンタルへルスなど、体全体とかかわりがあるのです。

 

今日は、腸内細菌の乳酸菌とビフィズス菌について、詳しく書いてみようと思います。

 

腸内細菌叢のバランスを整える腸活の一つして、私が実際食べてみたチョコレートもご紹介しますよ~。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

そもそも腸内細菌って何?乳酸菌とビフィズス菌の違いって?

 

 

私達のおなかの中には、腸内細菌という細菌が住みついています。

 

その数は、私たち人間の細胞、約60兆個よりもはるかに多い1000兆個以上。

 

多細胞である人間の細胞の大きさより、単細胞である腸内細菌の方が小さいことから、腸内には数多くの細菌が生息しているのです。

 

 

 

では、腸内細菌といっても、いったいどのような種類の腸内細菌が存在しているのでしょうか。

 

◎善玉菌(有用菌)

・ビフィズス菌

・乳酸菌

 

主な働き

・悪玉菌の侵入増殖の防止

・免疫力の向上

・腸の蠕動運動の促進

・ビタミンなどの合成

・消化吸収の補助

 

◎悪玉菌(有害菌)

・ウェルシュ菌

・大腸菌

・ブドウ球菌

 

主な働き

・腸内腐敗

・毒素・ガス・発がん性物質の産生

・免疫力の低下

 

 

◎日和見菌

・バクテロイデス

・ユウバクテリウム

・嫌気性連鎖球菌

 

主な働き

・善玉菌と悪玉菌で優勢な菌の働き

 

 

腸内細菌の種類は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分類されるのですね~。

 

善玉菌は健康維持・老化防止など、悪玉菌は健康阻害・病気の引き金・老化の促進などの働きがあります。

 

 

この善玉菌である 乳酸菌 と ビフィズス菌 の違いって何なのでしょうか。

 

●乳酸菌●

 

・乳酸菌という1種類の細菌を指すのではなく、糖質を分解・発酵して主に乳酸を作り出す細菌のこと。

 

◎乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)・・ほそながい円筒

◎乳酸球菌(にゅうさんきゅうきん)・・球形

 

・酸素の有無に関係なく生きていける

 

・主に小腸に住んでいる、発酵食品にも。

 

 

●ビフィズス菌●

 

・糖質から主に酢酸や乳酸を作り出す

 

・通常は棒状、状況によってはV字やY字のような形

 

・酸素があると生きていけない

 

・主に大腸に住んでいる

 

 

この2種類を比較すると、ビフィズス菌の方が乳酸菌より100~1000倍も常在しているのです。

 

 

 

腸内では「腐敗」と「発酵」が起きている?!

 

 

ちょっと、これはお恥ずかしいことなのですが・・(*/∇\*)

 

あ~、やっぱり、はずかしい・・(///∇///)

 

 

えーっと・・、

 

最近・・、

 

 

あぁ~~、『おならがクサイのです!』

 

言ってしまったぁ~(〃∀〃)ゞ

 

 

これって、絶対、腸内細菌のバランスがおかしくなっているに違いありません。

 

おならの「へぇ~」って話は、腸内細菌の重さは1.5kg、健康な腸は善玉菌を増やすこと「おはよう朝日です」より で、記事にしています。

 

 

善玉菌が減って、悪玉菌が増えているんやぁ~~ ( ゚д゚)ァラヤダ

 

腸内腐敗・毒素やガスなどの産生が、悪玉菌の主な働き。

 

ウェルシュ菌などの悪玉菌は、タンパク質や脂質を分解することにより腐敗させ、アンモニアや硫化水素などの有害物質をつくります。

 

これが、臭いおならの原因!(ノ▽〃)

 

腐敗が起きると、腐敗物質が腸壁から再吸収され、病気の引き金になったり、免疫力が低下することにもなります。

 

腸内では、食べ物に含まれる糖質を分解することで、発酵が開始。

 

主に、その発酵を担うビフィズス菌が生成した酸のおかげで、腸内が酸性に保たれ、善玉菌の住みやすい環境になるのです。

 

「発酵」と「腐敗」って、ほんと紙一重。

 

どちらも食べ物を分解することに変わりないですよね~。

 

同じ作用でも、身体にとって有用(善玉菌)か、有害(悪玉菌)か、価値基準によって区別されているということです。

 

 

 

腸活に善玉菌、乳酸菌・ビフィズス菌入りチョコレートが人気

 

 

腸活が注目されている中で、善玉菌を増やそうという手始めがヨーグルトを食べるということ。

 

腸が喜ぶ乳酸菌やビフィズス菌がとれる食品の中で、一番に思い浮かびますよね。

 

でも、ヨーグルトは冷蔵保存しなくちゃならないし、賞味期限が短め。

 

 

そんな中、2015年10月に発売された ロッテの『乳酸菌ショコラ

 

生きたままの乳酸菌を、腸まで100倍届けるというのがアピールポイントです。

 

チョコレートで包まなかった場合よりも100倍腸に届きやすく、しかも、おやつに手軽に食べられるチョコレートだから嬉しい(^^)

 

常温保存できるし、賞味期限も1年あるので助かります。

 

私は今回、2016年10月に発売された『乳酸菌ショコラ・ビターチョコレート』を買ってみました。

チョコ3チョコ4

個包装で、持ち運ぶのにも便利。

 

ロッテのスイーツデイズシリーズ、アーモンド入りも人気ですよね~。

 

乳酸菌に加え、アーモンドやカカオ由来の食物繊維までもとれると、腸活のおやつには目が離せません。

 

 

もう一つの善玉菌・ビフィズス菌入りのチョコレートも、昨年の10月に発売されました。

 

森永乳業のビフィズス菌チョコレート。

チョコ6

チョコ7

 

カカオ70%のビターチョコレートに、生きたまま大腸に届くビフィズス菌「BB536」を配合。

 

整腸作用・インフルエンザ予防にもなるといわれているBB536。

 

1箱で100億個のBB536を含むんですって~~。

 

 

2つを食べ比べてみました。

 

どちらもビター味なのですが、森永乳業のビフィズス菌チョコレートのほうが、より苦みがありビター。

 

もちろん、どっちもおいしい(*^^*)

 

 

チョコレート好きな私ですが、甘さ控えめのビター味なら、カロリー少な目で安心やしね。

 

腸活で、乳酸菌やビフィズス菌入りチョコレート食べているから、おならは、もうくさくなくなっているはず・・。

 

たぶん。

 

きっと・・。

 

大丈夫!! (`・ω・´)キリッ

 

 

加齢とともに、腸内細菌叢も変化して、有用菌のビフィズス菌は減っていきます。

 

そこへ、悪玉菌のウェルシュ菌が増えてきたら、おならもくさくなるし~~(>_<)

 

 

生きた乳酸菌をとると、腸内に住みついている常在菌を刺激して、腸内細菌叢(腸内フローラ)も整えることができると考えられています。

 

チョコーレートで腸活できるのですから、そりゃ~、大ヒット商品ですね。

 

 

いかがでしたか。

 

腸活は、いろんなところで取りあげられていて、元気とキレイに欠かせないことになっています。

 

腸活、大事ですね~~。

 

今回は、私が取得している民間資格「健康管理士一般指導員」の資料を参考に書きました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© うれしたのし人生後半 , 2017 All Rights Reserved.