更年期障害の症状を救う、女性ホルモン代わりの成分とは

   

女性の更年期って、閉経前後の45歳~55歳頃まで。

これって私、まさに真っ只中・ど真ん中、アラフィフ世代のことですよね。

 

突然のほてりやイライラ、めまい、のぼせ、頭痛、動悸などのいろんな症状が出てきます。

 

この年代に、他の病気に付随しないような不調であれば、更年期症状と言えそう。

 

その中で、もっと重症で普段の生活に支障が出てくるような場合が、更年期障害というわけです。

 

 

誰でも、この50歳前後に女性ホルモンが減って、更年期を迎えることは仕方がないこと。

 

女性ホルモンの急な減少に、脳がついてこられなくなるのですから。

 

ひどい症状にならない前に、更年期かな?と思うお年頃に、更年期障害を乗り切るために、自分をケアしましょう。

 

 

本日は、女性ホルモンに似た驚きの成分について、『その原因、Xにあり』を参考に書いてみます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

更年期障害は女性ホルモンの激減で起こる

 

 

更年期の症状には、個人差もありますよね~。

 

実際のところ、私もこれといって、更年期障害にめちゃくちゃ悩んでいるということはありません。

 

まぁ、鈍感なのかなぁ・・(笑)

 

ほんとに更年期?違うよね?なんて、認めたくないのが本音だったりして(^^;)

 

 

感じているのは、時々、急にカァ~っと体が熱くなったり、汗が多くなったこと。

 

暑さや寒さに関係なく、突然一人で「暑い!あつい~~」って言ってることあります(^▽^;)

 

一過性のものだと思って、あまり気にしていないことが、更年期障害という重症な不調になっていない理由かもしれません。

 

 

テレビ番組「その原因、Xにあり」、浜松町ハマサイトクリニックの「吉形玲美」先生に学んでみました。

 

 

更年期の症状は、体にも心にも表れてきます。

 

主な症状には、不眠・憂鬱・情緒不安定・抑うつ気分・神経質・息苦しさ・疲れやすい・関節痛・音に敏感になるなど、約20種類もの症状があるといいます。

 

 

このような身体や心の不調に、女性ホルモンであるエストロゲンが関わっているのは、ご存知の通りです。

 

女性ホルモンと更年期の関係を知ればキレイとダイエットにもつながるよ~ ←女性ホルモンについては、こちらの記事に詳しく書いています。

 

 

アラフィフの時期に「エストロゲン」が激減することで、脳がパニックを起こしてしまいます。

 

脳のパニックの大小が、更年期症状の強弱にもあらわれ、不調が個人差となって出てくるわけですね。

 

 

ひどい時には、更年期障害として、病院で保険扱いで治療もできます。

 

 

エストロゲンに似たエクオールという成分とは

 

 

エストロゲンが、年齢とともに減っていくのは止められないのですよね~(>_<)

 

病院で、エストロゲンなどのホルモンを補充しても、加齢により体内で女性ホルモンを作る機能が低下していることには変わりありません。

 

では、いったいどうすれば良いのでしょうか。

 

 

実は、最新の研究で、私達の体の中で凄い成分を作り出せることがわかってきたのです。

 

女性ホルモンを補える凄いもの、身体の中でそれに代わるもの。

 

それが、エクオールという成分なのです。

 

 

女性ホルモンに成り代わり、更年期障害を救う驚きのエクオールという物質。

減少した女性ホルモンを補えるというのです。

 

 

テレビ番組や雑誌などでも、最近、みかけることはありませんか。

 

 

エクオールとは「エクオール産生菌」という腸内細菌の力で生み出されているといいます。

 

 

でも、エクオールは、体内で作れる人と作れない人がいるのです!

調査によると、10人に6人は作ることができないとのこと。

 

 

理化学研究所の「辨野義己」先生によると、エクオール産生菌は、全ての人の腸内に住んでいるとのこと。

 

腸内細菌の重さは1.5kg、健康な腸は善玉菌を増やすこと「おはよう朝日です」より

↑こちらの記事でも「辨野先生」の腸内細菌の記事が読めますよ。

 

 

エクオールを作れない人の腸内では、そのエクオール産生菌が働かず眠っているというのです。

 

なぜかというと、腸内環境が悪くて、エクオール産生菌が活動できないから!!

 

まずは、食生活を変えて、腸内環境を変えていかなければなりません。

 

エクオール産生菌の活性化を高める腸内環境を作ってあげるのですね。

 

 

食生活の改善。

その食材とは、眠っていたエクオール産生菌を起こす納豆なのです。

 

 

納豆には、大豆イソフラボンというエストロゲンに似た構造を持つ成分が豊富。

 

納豆菌には、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を抑える働きがあります

 

納豆は、腸内環境を整えるのに、最適な食材なのですね~。

 

エクオールを作り出せない人は、納豆を毎日1パック食べると良いでしょう。

 

さらに、納豆にアボカドを加えることで、数倍も効果的に腸内細菌を整えるというのですから、使わない手はありません。

 

 

納豆1パックとアボカド1/2個をタレで和えるだけの「アボカド納豆」

 

納豆とアボカドの組み合わせは、納豆のパワーをより高めてくれ、絶品なのです。

 

 

いかがでしたか。

 

減少する女性ホルモン「エストロゲン」を補う「エクオール」。

「エクオール」を作り出す『エクオール産生菌』を目覚めさす腸内環境。

 

アボカド納豆を食べて、腸内細菌を整えるということから始めていけば、更年期障害も恐くないですよね(^^)v

 

 

 - 健康・医療