ポリ袋にほっときワザ、真空調理法を試してみたよ~

   

「あのニュースで得する人損する人」得弁ライダーのおすすめ、ポリ袋を使った真空調理。

 

先日記事にしただけで、実際に試したわけではありませんでしたよね~。

ポリ袋料理、ほっときワザで簡単レシピ「得する人損する人」より ←先日、TV番組を記事にしました。

 

料理に、さほど興味もなかった私は「真空調理って、いったい何やねんやろ?!」状態。

高価な調理器を使った料理なら、貧乏人の私には手が出ません。

 

いえいえ、真空調理って、ポリ袋でも簡単にできちゃったのです。

 

今日は、実際にポリ袋を使って、真空調理ともいえる簡単料理を試してみたので、書いてみます。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

低温調理器具は、なんとポリ袋だった

 

 

Wikipediaより引用

真空調理法(しんくうちょうりほう、フランス語: cuisson sous-vide)は、1979年フランスでジョルジュ・プラリュによりフォアグラテリーヌの調理のため開発された調理法のひとつである。「焼く」「蒸す」「煮る」に次ぐ、第四の調理法とも呼ばれる。英語ではVacuum packed pouch cookingと表記する。

生あるいは焼き目をつけるなどの下処理を施した食材と調味液をフィルム袋に入れて真空密封し、TT(temparature time)管理の出来る調理器で材料に応じた時間と温度設定をして調理される。最高でも100℃を超えることはない。

 

真空調理法という、こんな料理方法があったのですね。

100℃を超えない低温調理。

 

そんな調理法の料理が、ポリ袋によって簡単に自宅で作れるというのですから、得弁ライダーに教わった通り、作ってみました。

 

まずは、今日の料理に大切なポリ袋。

%e3%83%9d%e3%83%aa%ef%bc%95

高密度ポリエチレン、買ってきました。

いつものスーパーには売ってなかったので、ドラッグストアで購入。

 

スーパーに無料で置いてあるポリ袋とは全然違いました。

厚みも手触りも違いますね~~。

40枚入りで、150円くらいで買えました。

 

 

豚肉ロースカツ用のお肉で、真空調理試してみたよ~

 

 

得弁ライダーのほっときワザでは、100g130円くらいのスペアリブで作るレシピ。

 

スペアリブを求めてスーパーに行ってみたのですが、そのくらいの値段のものがなくて、ちょっと高めだったのです。

 

一人暮らしの私は、そう贅沢もできません(^^;)

しかも、うちの冷凍庫には、この間、安かったお肉をまとめて買ってきたばかりで、まぁまぁな量のお肉が入っています。

 

スペアリブの代わりに、一か八か、豚肉のロースカツで試すことに。

 

スペアリブを使った、ポリ袋レシピは、

ポリ袋料理、ほっときワザで簡単レシピ「得する人損する人」より で、確認して下さいね。

 

ポリ袋に、豚肉ロースカツ2枚とマイタケ・しようゆ・オイスターソースを入れました。

本当は、一緒にハチミツも入れなくてはなりません。

ガ~~ン!

うちにはハチミツがなかったのです。

だいたい、普段からハチミツなんて使わないし、結構な値段もしそう・・。

 

エ~イ!

この際、うちにあるホットケーキシロップで代用してしまえ~とばかりに、ハチミツ代を浮かしました(^▽^;)

 

%e3%83%9d%e3%83%aa%ef%bc%94

 

なるべく空気を抜くようにして口を縛り、沸騰しない程度の鍋の中へ入れて、待つこと15分。

 

こんなんで、ほんまに上手くできあがるんやろか?!

 

%e3%83%9d%e3%83%aa%ef%bc%92

 

なんと、これ、超イケるやん!!

お肉、柔らかいのです。

マイタケにも、味がしっかりしみ込んでいて美味しい。

 

豚肉ロースカツ用のお肉でも、おいしく柔らかい!

 

得弁ライダーのいう材料のスペアリブなら、もっとジューシーに柔らかくて美味しかったに違いありません。

 

やっぱり、今度はスペアリブで作ろうっと。

 

 

ポリ袋調理のオムレツはほんとにふわふわ

 

 

お肉がこんなに柔らかくなるのなら、卵の方はどうなるのか、ポリ袋オムレツも試してみました。

 

卵3個にミックスベジタブル、マヨネーズも入れます。

卵1個に対して5分なので、15分の加熱。

 

もちろん、ポリ袋の空気はできるだけ抜いて、口を閉じます。

 

%e3%83%9d%e3%83%aa%ef%bc%93

%e3%83%9d%e3%83%aa%ef%bc%91

 

ポリ袋の口は長くなるので、ハサミで切った方が良かったですね(^^;

その方が、安全で安心。

 

%e3%83%9d%e3%83%aa

 

フライパンで作るより、はるかにフワフワです。

味の方は、マヨネーズしか入れてないので、物足りない。

 

塩を入れたり、しょうゆをかけて食べたり、私にはもう一味欲しかった感じでした。

 

真空調理法の裏ワザ、ポリ袋にほっときワザ。

ローストビーフや角煮、照り焼きチキンまで、何でも作れそうですね。

いろんな料理に応用がきき、できないものを数えた方が少ないということ。

 

1つの鍋に、複数の調理が同時にできるというメリットで、時短にもなります。

 

一人分の少量のおかずを何種類も作るのは、ほんと面倒。

この真空調理法なら、一度に何種類も作れるので、節約にもなって、作り置きもできますね。

 

ポリ袋にほっときワザ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 - 簡単料理