40・50代の充実した楽しいライフスタイルを求めて、役立つお得情報をお届けしています。

一人暮らしの簡単節約レシピ、50代で料理苦手ってどうよ~

 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代のオバサンにもかかわらず、料理が苦手ってどうよぉ~~?

 

そもそも、私は手先が不器用で、裁縫したり図画工作も苦手です。

偉そうに胸張って言うことではありませんが(^^;)

 

可愛い手作り作品を作ったり、お弁当を作ったり、絵を描いたり、そんなことは全く自信がありません。

 

ほんと、料理や何かを作ることに長けている人を尊敬します(^^)

 

とはいっても、四半世紀は主婦をやっているのですから、お総菜や出来合いの物ばかりというわけではなく、一応料理しますよ。

 

もちろん、簡単レシピで!!

 

今日は、私のように料理が苦手でも、簡単に安い食材で作ることができるメニューをご紹介しますね。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

一人暮らしにおすすめ、安い食材で簡単な献立

 

 

『あのニュースで得する人損する人』という番組では、普段捨ててしまいがちな食材を使うレシピが注目されています。

 

ステナイおばさんこと、ボルサリーノの関好江さんという芸人。

 

彼女のモッタイナイ精神から考え出された節約レシピです。

 

ステナイおばさんに学ぶ節約レシピ「得する人損する人」より ← ポイ食材を有効に使う節約レシピは、こちらでご覧になれます。

 

 

今日は、食材を捨てない節約レシピではなく、安い食材を使う節約レシピでいきますね。

 

 

先日みた、これは関西ローカルだと思うのですが「大阪ほんわかテレビ」からの紹介です。

 

スゴ腕スーパー主婦の技スペシャルと称して、徳島県にお住いの武田真由美さんが登場。

 

今回は、ひと月食費1万円の節約「ちくわレシピ」を公開されました。

 

 

一袋4~5本入っていて100円くらいの安い『ちくわ』で良いんですね。

 

安くて、おいしくて、使いやすいというのが、このまとめて入っているちくわの魅力だと語る武田さん。

 

安くて使い勝手の良いちくわを、肉や魚の代わりに使って作る節約レシピを、次々考案されています。

 

なんと、ちくわレシピだけでも、100種類以上。

 

今では、節約レシピの達人として、7冊の本を出版され、15万部以上売り上げておられます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

節約女王・武田真由美の一汁二菜15分150円晩ごはん [ 武田真由美 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)

 

以前は、夫婦2人暮らしで、一ヶ月の食費が6万円だったとのこと。

 

今では、ちくわなどの安い食材を上手く活用して、月1万円ちょっとの食費になったという武田さん。

 

早速、私も「ちくわレシピ」作ってみることにしました。

 

安い食材というのも魅力的なのですが、私にとって、もっとも重要な簡単であること、これがバッチリだったので、嬉しい限り(^^♪

 

 

 

武田真由美さん紹介、安い食材「ちくわレシピ」2種類

 

 

◎エビフライ風 ちくわフライ

 

・材料

 

ちくわ、魚肉ソーセージ・パン粉・小麦粉くらいですかね~。

 

 

・作り方

 

①ちくわを半分にカットします。

 

②魚肉ソーセージを細く切って、先はV字の切り込みを入れます。

 

③魚肉ソーセージを、ちくわの中に入れます。

 

こんな感じ。

ちくわ

ソーセージは、お歳暮で貰ったハム(あの大きなカタマリになってるやつです^^;)を、ちくわの中に入れやすい大きさに切りました。

 

V字の部分が、エビの尻尾になるように、細かいところまで凝っていますね~。

 

④ちくわを水溶き小麦粉にからめて、パン粉をまぶします。

 

今回、パン粉は、食パンの耳をおろし金で作りました。

 

⑤フライパンで、2分ほど揚げ焼きにします。

 

少ない油で揚げるので、油の処理をする手間も省けますよね~。

 

ちくわとソーセージ(ハム)なので、中までじっくり火を通す必要がなく、時短にもなります。

 

ハイ!!(^O^)/

できあがり。

ちくわ1

 

タルタルソースをつけて食べましたが、めっちゃ美味しい!!

 

まぁ、普通に、ちくわのフライもおいしいのですが、エビフライをイメージしながら食べるから、もっとおいしい(笑)

 

 

◎ウナギの蒲焼き風 ちくわの蒲焼き

 

・材料

 

これも、もちろん、ちくわ一袋。

あとは、片栗粉。

 

蒲焼きのタレ

めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ3

さとう 小さじ2

水 大さじ6

 

 

・作り方

 

①ちくわを縦に切ります。

 

②内側に2本切れ目を入れて、広げます。

 

こんな感じかな。

ちくわ2

皮一枚がつながっているくらいの深めの切り目です。

 

③片栗粉をまんべんなくまぶして、フライパンで焼きます。

 

ちくわ3

フライ返しで押えながら、両面しっかり焼き色がつくまで焼きました。

 

④タレをからめていきます。

 

ちくわ4

 

⑤水気がなくなるまで焼いて、完成。

 

ご飯の上において、ちくわの蒲焼き丼のできあがりです。

ちくわ5

 

ちょっと、焼き過ぎたのか(^▽^;) 味が濃厚で辛くなってしまいました。

食感も、少々固くなってしまったぁ~。テヘヘ

 

ウナギにはほど遠いですが、節約レシピだと思えばありですかね~。

 

ちくわの蒲焼きの上にのせた緑色の葉は、豆苗です。

 

これは、うちで3回目の再生栽培でできたものを、ちょっとちぎってきました(^^)

 

豆苗も、節約食材の一つですよね~。

 

詳しくは、 豆苗ってどんな野菜?初めて使ってみた簡単料理 で、書いています。

 

 

武田真由美さんの「ちくわレシピ」いかがでしたでしょうか。

 

一人暮らしの私にとっても、料理が苦手なオバサンにとっても、安くて簡単に作れるレシピは、めっちゃ助かります。

 

それにしても、エビフライ風ちくわフライはデリシャスやったなぁ~~(*^^*)

 

 

ちくわdeエビフライもどき、この本にも載ってまぁ~す!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

時短×カンタン×おうちごはん [ 武田真由美 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© うれしたのし人生後半 , 2017 All Rights Reserved.